めぐみは小学校から帰ると、夜になるのを待っていました。

 

めぐみめぐみ

もうすぐ7時半ね。

そろそろチーム内での練習試合が始まる時間だわ。

バスケガール、メタモルフォーゼ。

めぐみはバスケット仮面に変身し、体育館へと向かいます。

 

その日は、最強チーム VS 最弱チームという、100%結果が見えている対戦でした。

 

そして、試合が始まろうとした瞬間、バスケットゴールの上に一人の少女が姿を現します。

 

バスケ少女041

イラスト by ねもこ



コーチコーチ

誰だ!

お前は?

バスケ仮面バスケ仮面

私はバスケット仮面。

コーチコーチ

バスケット仮面だと?

一体、何の用だ!

バスケ仮面バスケ仮面

私も試合に参加したいの。

コーチコーチ

それは無理だ。

バスケ仮面バスケ仮面

なぜ?

コーチコーチ

ここは部外者は立ち入り禁止だ。

バスケ仮面バスケ仮面

私だって、あなた達と同じバスケットボールプレイヤーよ。

このユニフォームを見れば分かるでしょ?

明美明美

あのユニフォームは、私達と同じ

スパーク・エンジェルスのユニフォーム!

加奈加奈

でも、今日の練習にはメンバー全員が参加しているわ。

ここのメンバーが成り済ましているなんて有り得ない。

沙耶香沙耶香

それに、背番号は、4番からしか無いはずなのに、1番なんて・・・。

コーチコーチ

う~む・・・。

よく分からんが、とりあえず話を付けよう。

バスケット仮面とやら、ここへ降りて来い!

バスケット仮面は、マントを脱ぎ去り、ジャンプすると、

空中で前方に1回転して、コーチの前に着地します。

 

明美明美

おおお!

すごい跳躍力だわ。

加奈加奈

なんという身軽な動き!

体操選手みた~い。

沙耶香沙耶香

よく分からないけど、只者では無さそう・・・。

みんなが唖然とする中、コーチは冷静に対処します。

 

コーチコーチ

それにしても奇妙な格好だな。

マスクを取って顔を見せろ!

バスケ仮面バスケ仮面

それは出来ないわ。

私には正体がバレてはいけない理由があるの。

マスクを着けていてもバスケをするのには支障は無いでしょ?

コーチコーチ

それはそうだが、どこの馬の骨とも分からん者を、

ここのクラブ生達と一緒に試合をさせる訳にはいかん。

バスケ仮面バスケ仮面

じゃ、私の技を見てもらおうかしら。

バスケット仮面は、下の映像のような華麗なボールさばきを披露します。

 

 

コーチコーチ

これが小学生の動きか!

神レベルだ!

バスケ仮面バスケ仮面

どう?

驚いたでしょ。

明美明美

すごーいっ!

加奈加奈

天才バスケ少女だわ。

沙耶香沙耶香

バスケット仮面、カッコイーッ!

クラブ生達からも歓声が湧き起こります。

 

素性は分からないとしても、クラブ生への危険は無いとコーチは判断。

 

コーチコーチ

いいだろう。

特別に試合への参加が認められます。

 

コーチコーチ

では、君には最弱チームの方に入ってもらう。

最強チーム相手に、どこまでやれるか見せてもらうぞ。

バスケ仮面バスケ仮面

ええ、いいわ。

試合が始まります。

 

バスケット仮面は、相手チームからボールを奪うと、

華麗なドリブルで相手チームの守りを交わし、レイアップシュート。

 

見事ゴールを決めます。

 

それだけではありません。

 

驚異的なジャンプ力を活かして空中でボールをキャッチすると、

宙に浮いた難しい体勢からシュート。

 

これも見事に決まります。

 

他にも、3ポイントシュート(ミニバスケにはありませんが・・・)

といったロングシュートもバンバン決めます。

 

バスケット仮面のワンマンプレイで試合は進んで行き、

遂には最弱チームが最強チームに勝利するのでした。

 

コーチコーチ

な、なんという事だ!

し、信じられん。

き、君は一体、何者なんだ?

バスケ仮面バスケ仮面

今日は、とってもバスケを楽しませてもらったわ。

じゃあ、またね。

マントを羽織ったバスケット仮面は、夜空の彼方へと消えて行くのでした。