私が所属していたミニバスケットボールの女子のチームには、

総勢20名ほどが在籍していましたが、一番の最年少は、

小学3年生の沙耶香(さやか)ちゃんという女の子でした。

 

5年生や6年生がクラブ生の大半を占める中、

3年生は少し早いかな?という気もしましたが、

なかなかバスケは上手でした。

 

そして、ユニフォームですが、小学3年生でも、

クラブを卒業するまで着られるようにと、

サイズは小学6年生並みの大きさでした。

 

その為、体の小さかった沙耶香ちゃんのユニフォームは、

シャツは肩からずり落ちそうで、半ズボンは片脚側に

脚が2本入るのでは?と思うぐらいブカブカでした。

 

バスケ少女016

イラスト by shiranui



6年生でさえ、細身のクラブ生だと、

半ズボンと太ももの間に隙間があるのに、

3年生には不釣り合いなほど大きくて、

見ていて少し心配でした。

 

反対に、太っていたクラブ生には、

ほとんど隙間が無く、ピチピチといった感じで、

こちらもあまり見た目は、よろしくなかったです。