バスケの練習に入る前の準備運動で逆立ちをするよう言われた事がありました。

 

しかし、私は逆立ちが超苦手でした。

 

最初は、体育館の壁に向かって一人でやるものと思っていたのですが、

二人ペアになってするよう言われました。

 

その日の準備運動の私の相方は、チームで一番小柄なバスケ部員でした。

 

そして、私から逆立ちをする事になり、相方と立って向き合った後、

私は両手を床について勢い良く両脚を上げました。

 

しかし、勢い余って反対側に倒れてしまうのではないかという恐怖感から

体を真っすぐにする事が出来ず、空中で両脚をジタバタさせるだけでした。

 

これでは相方も私の足首を掴む事が出来ず、逆立ちになりません。

 

その後、何度トライするも一向に逆立ちは出来ず、仕方無く相方と交代する事に……。

 

しかし、相方は私と違って逆立ちが得意でした。

 

勢い良く地面を蹴ると、体が縦一直線にピンッと伸びて、私は相方の両足首をグッと掴みます。

 

その姿は、すごく綺麗でした!

 

バスケ少女019

イラスト by 浅葱



しかし、驚いたのも束の間、下を見ると、なんと半ズボンの隙間から

相方のパンツが丸見えになっているではありませんか!

 

体が小柄な割りにユニフォームは大きかったので、

パンツの全てが見えてしまうのではないかと思えるほど丸見えでした。

 

私は、お尻、股、前部、サイド……、パンツの全てを舐め回すように見ました。

 

しかし、そうしているうちに相方の体力が限界に来たのか、

体がプルプルと震え出したので逆立ちを終了する事になりました。

 

本当は、ずっと見ていたかったですが、そうも言ってられません。

 

しかし、逆立ちが、こんなにも近くで、しかもこんなにも

パンツが丸見えになってしまう事に驚きを隠さずにはいられませんでした。