私には、女子バスケ部員の中に2人の仲のいいバスケ仲間がいました。

 

そして、バスケの地区大会が私達の学校で開催された日の事でした。

 

いつもは男子バスケ部と女子バスケ部は別々の場所で練習している為、

男子と女子が顔を合わせる事はほとんど無いのですが、試合の日だけは一緒になりました。

 

そして、男子バスケ部員の中には背が高くてバスケも上手いイケメンがいました。

 

試合と試合の合間、私達3人が体育館の壁にもたれて、だべっていた時、

その男子バスケ部員が私達の前を通り過ぎようとしました。

 

すると、バスケ仲間の1人が体育座りの格好で両膝を抱えて赤くなった顔を隠そうとしたのです。

 

バスケ少女030

イラスト by 浅葱



でも、うつむく事は無く上目づかいをして、ジッとその男子バスケ部員の方を見ていました。

 

しかし、男子バスケ部員は、バスケ仲間の1人に気に入られてるとも知らず、

私達の前を通り過ぎてしまいました。

 

私達二人は、顔を赤くして固まっているバスケ仲間の1人を見て、

その男子バスケ部員が初恋の相手である事を感じ取りました。

 

バスケ仲間の1人も、さすがに照れていましたね~。

 

その恋は結局、実る事はありませんでしたが、

同じ学校の異性のバスケ部員の中に好きな人がいるというのは羨ましかったです。

 

しかし、両膝を抱え込んでいる時、ショートパンツの隙間から

白い物が見えてしまっていたのはヒヤヒヤものでした。

 

初恋の人にパンツを見られるなんて……。

 

でも、男子バスケ部員はコチラを見向きもしなかったので、

パンツは見られていなかったと思います。