私達が、ふだん練習している体育館で、

ミニバスケットボールの地区大会が開催された時の事でした。

 

大会当日は、みんな嬉しかったのか、

体育館の中を走り回ったり、はしゃいだりしていました。

 

そんな中、体育館の中の広くなった場所で、

クラブ生達二人がプロレス技をかけ合ったりしていました。

 

その時、私が見たのは、

逆エビ固め(ボストンクラブ)という関節技でした。

 

バスケ少女021

イラスト by ネコユ



やり方ですが、まず、技をかけられる方が、

床に仰向けの状態で寝転びます。

 

そして、技をかける方が、相手の両脚を持って

自分の腰の両端に来るようにします。

 

その状態で、技をかける方が、相手をまたぐように反対側を向くと、

技をかけられる方は、うつ伏せの態勢になって、

体がエビのように反り返った状態になります。

 

私もされた事があるのですが、

背骨が折れるかと思うぐらい痛いです。

 

技をかけられた方は、「ギブアップ!ギブアップ!」と言って、

手で床を叩いていました。

 

ほんと、小学生の時は、みんな、やんちゃでしたね~(笑)。