僕は中学時代、バスケットボール部に所属していました。

 

そして、ユニフォームの半ズボンですが、1980年代なので、

今のように丈が膝下まであるような長い物ではなく、

股下5cmといったような非常に短い半ズボンでした。

 

ユニフォームは黒色で、半ズボンの裾には白と赤のラインが入っていて、

サイドには三角形のスリットが入っていました。

 

とても格好いいユニフォームだったのですが、欠点もありました。

 

それは、足を上げたり、股を広げたりするとパンツが見えてしまう事でした。

 

ある日の練習中、顧問の先生を囲むようにして部員達は体育座りをして話を聞いていました。

 

すると、部員達全員のパンツが丸見えになっていたのです。

 

いくら格好いいユニフォームとはいえ、パンツが見えてしまっては格好悪いなと思いました。

 

一方、女子のバスケット部ですが、たまに男子とコートは違えど、

同じ体育館、同じ時間帯に練習をする事がありました。

 

女子のユニフォームは赤色で、半ズボンは男子同様、丈はすごく短かったのですが、

太ももにピッタリとフィットしていたという点に関しては男子とは違っていました。

 

そして、女子部員の1人が練習中、僕の目の前で転んでしまったのですが、

ピチピチという事もあってか半ズボンからパンツが見える事はありませんでした。

 

そこで、80~90年代にバスケットをされていた方、

またはされていなくてもバスケットの試合をよく見に行っていた方にお聞きしたいのですが、

女子でも体育座りをしたりするとパンツが見えてしまうものなのでしょうか?

 

また、中学生や高校生の場合、半ズボンの下にブルマを履いたりしていたものなのでしょうか?