私は高校時代、バスケ部に所属していました。

 

基本的に練習のときは学校指定の体操服での練習を義務付けられていましたので、

パンツが見えるような半ズボンでの練習は男子も女子も行っていませんでした。

 

しかし試合が近づくと体操服からユニフォームへ着替えての練習が解禁になるため、

みんなユニフォームで練習を行っていました。

 

ユニフォームの半ズボンは、膝上10センチくらいの半ズボンで、

ピッチリとしたものではなく裾に向かって広がる形の動きやすい半ズボンでした。

 

横には動きやすいようにスリットが入っていて

現在のバスケで使用する半ズボンよりも多少短い程度の形状です。

 

私達より後の世代になると、膝上5センチくらいの

現在のバスケで使用されているような半ズボンに変更になったようです。

 

私の世代の半ズボンは、横のスリットの切込みが大きかったため、

そのままズボンを履いて体育座りをすると、確実にパンツが見えてしまう長さと形状でしたし、

色も白いユニフォームで素材も薄かったため、

パンツが透けて見えるという欠点がある半ズボンでした。

 

しかし私の高校ではバスケ部はユニフォームを着る場合には

必ず半ズボンの下にサポーターを履かなければ

ユニフォームを着てはいけないという決まりがあったため、

パンツが見えることはありませんでした。

 

女子も同じくサポーターを履かなければいけなかったため、パンツは見えませんでした。

 

しかし座るとサポーターは丸見えです。

 

サポーターだと見えても恥ずかしくないんですが、

女子の半ズボンの間から見えるサポーターにはさすがに目のやりどころに困りました。