私の中学校時代は90年代で部活はバスケットボール部でした。

 

そして、ユニフォームの下は短く体育座りをするとやはりパンツは丸見えでした。

 

そんな話を職場でしたところ、

同じ80~90年代をバスケットボール部で過ごした人たちの間で盛り上がりました。

 

その人たちにも話を聞いてみると面白いことが分かりました。

 

その時代にバスケットボール部に所属していた人たちは意外と多い。

 

しかも私と同じ県内の人だけでなく

様々な県の学校のバスケットボール部の方々から話を聞くことができました。

 

その中で全体の6割が私の中学校と同じようなユニフォームで、

やはり下は短く体育座りをするとパンツが丸見えになってしまうということが分かりました。

 

女子バスケットボール部も男子と同じユニフォームで下が短いタイプだったらしいですが、

多くの学校の女子はパンツが見えないようにブルマなどを下に履いていたみたいです。

 

しかし、中には無防備な子もいたらしく、

時々ですがパンツが見えたというラッキーな状況もあったそうです。

 

でも、そんな無防備な状況はやはり少ない。

 

基本的には何らかの防衛策を取っており、男子がいなかったとしても

ブルマを履かずにユニフォームを着る子は稀だったようです。

 

そして、残りの4割は何と今と同じような

下のユニフォームも長いタイプを使用していたそうです。

 

今と同じようなユニフォームが結構昔からあったことに私は驚いてしまいました。