私は高校生の時に女子バスケットボール部に所属していました。

 

ちょうど1990年頃です。

 

当時、私が通っていた高校は、男子生徒に比べて女子生徒が少なく、

当然、生徒数に比例して女子バスケットボール部の人数も少なかったです。

 

入学してすぐにできた友達とマネージャーを希望して入部したのですが、

プレーヤーの人数が少ないからという理由で選手として入部させられました。

 

私は下半身デブ?というか、ヒップや太もも、ふくらはぎが太かったため、

ユニフォームにはかなり抵抗がありましたが、

当時はそんなものだと思って普通に着ていましたね。

 

でも、数少ない女子部員の中には、なぜかスタイルの良い美人な部員がたくさんいたため、

下半身デブの私は毎回コンプレックスを抱きながら試合に出場していました。

 

しゃがむ時に気をつけないと、パンツが少し見えてしまうハプニングもあったかと思います。

 

確かに女子バスケットボール部には美人が多かったので、

試合になると男子のギャラリーが多かったのを思い出します。

 

でも、体のラインが見えるようなピチピチのユニフォームは動きやすくて、

試合には良いデザインだと思います。

 

でも、今のようにダボダボの方が空気が入って夏場には良いかなとも思います。

 

何より短パンが短すぎたので、スタイルがごまかせないという点では、

スタイルに自信のない私には試合はツラかったです。

 

当時の写真を見ると、今のユニフォームより古臭い感じがしますが、

当時の部活の光景が思い出されて懐かしいです。