小学6年生の3月に、ミニバスケットボールを卒業という事で、

お別れ会がありました。

 

最後という事で、クラブ内で2つのチームに分かれて、

地区大会と同じプレイ時間の試合をしました。

 

そして、この日は、対外試合でもないのに、

みんな黒のユニフォームと白のユニフォームを持参していました。

 

くじ引きによって、どちらのユニフォームを着るかが決まります。

 

そして、試合が始まった訳ですが、

試合中、こぼれたボールを奪い合う場面がありました。

 

バスケ少女028

イラスト by ネコユ



※白のユニフォームですが、

 私は白の方は、あまり好きではなかったので、

 赤のユニフォームがあったら良かったです。

 

両者がボールをつかみ、お互い一歩も譲らず、

ボールを離そうとしない場合は、笛が鳴ります。

 

当時のルールでは、この後は、

ジャンプボールで、ボールの所有権を決めていました。