バスケット仮面のマスクを剥がそうとした美登里と由依は、

コーチから厳重注意を受けます。

 

すると、アンチ・バスケット仮面派の3人は、

別の手段を使って正体暴きを続けようとします。

 

小百合小百合

バスケット仮面の小学生離れした運動能力は確かに怪しいわね。

美登里美登里

中学生なのかも?

由依由依

だとしたら卑怯だわ。

なんとしてでも正体を暴かないと。

美登里美登里

でも、コーチから厳重注意を受けてしまったから、

もうバスケット仮面のマスクに手を掛ける事は出来ないわ。

小百合小百合

じゃ、こんなのはどう?

マスクにボールを当てて、マスクを落とすのよ。

由依由依

名案ね。

試合とあらば、不自然じゃないし・・・。

そして、試合中、美登里はバスケット仮面のマスクを狙ってパスをします。

 

不意にバスケット仮面のマスクにボールが当たります。

 

バスケ仮面バスケ仮面

きゃっ!

美登里美登里

あっ、ごめん、ごめん。

すると、今度は由依が投げたボールがバスケット仮面のマスクに当たります。

 

バスケ仮面バスケ仮面

さっきからおかしくない?

どうして私の顔ばかり狙ってパスをするの?

由依由依

あら、そう?

私、コントロール悪いから。

しかし、他のチーム生には的確なパスをしている事からバスケット仮面は不審に思います。

 

でも、さすがはバスケット仮面。

 

その後は、並外れた運動神経で変なパスも見事にキャッチ。

 

そのままゴールにつなげます。

 

そこで、アンチ・バスケット仮面派は作戦変更。

 

後ろからバスケット仮面のマスクを狙います。

 

バスケット仮面が着けているマスクは正体がバレないように大き目に出来ていました。

 

その為、後ろから見ると、少し顔の外に、はみ出していました。

 

美登里は、そのはみ出した部分を狙います。

 

すると、後ろからボールを当てられた衝撃で、とうとうマスクが外れてしまいます。

 

バスケ仮面バスケ仮面

ああーっ!

マスクが・・・。

コートに転がり、手で顔を覆うバスケット仮面。

 

バスケ少女040

イラスト by りるくてぃ



美登里美登里

やったわ。

今こそバスケット仮面の素顔を見るチャンスよ。

アンチ・バスケット仮面派の3人がバスケット仮面を取り囲み、

「大丈夫?」と言って素顔を見ようとします。

 

バスケ仮面バスケ仮面

きゃーっ!

顔だけは見ないでーっ!

しかし、バスケット仮面を支持するクラブ生達によって正体暴きは阻止されます。

 

加奈加奈

バスケット仮面は、スパーク・エンジェルスの大事な助っ人よ。

素顔を見ようなんて許せないわ。

由依由依

くっ、もう少しだったのに・・・。

明美は床に落ちたマスクを拾い上げ、バスケット仮面にマスクを着けるよう言います。

 

バスケ仮面バスケ仮面

ありがとう、助かったわ。

バスケット仮面はマスクを着け直します。

 

そして、試合が終わった後・・・。

 

明美明美

バスケット仮面がマスクを着け直す瞬間、

一瞬、素顔が見えたけど、なんか、めぐみちゃんに似てなかった?

加奈加奈

ごめん、明美。

私、目が悪いし、少し離れていたから、よく見えなかったわ。

でも、まさかね・・・。