80年から90年代のバスケット部員は、

我が子が所属していた時期でもあって、懐かしい思いでいっぱいです。

 

応援に行った時の選手達は、今と違って、

ユニフォームの生地が吸湿性に富んでいるとは言い難く、

走り回る選手達の汗が、ビッショリと

ユニフォームを濡らしていた記憶があります。

 

でも、私は、それがイヤではありませんでした。

 

選手にとってみれば、汗のベッタリ感は気持ち悪く、

今の優秀な開発された生地のユニフォームを

羨ましく思っているのかもしれませんが、

汗で濡れたユニフォームは、まさに青春している感が溢れていて、

こちらまで青春の熱さが伝わって来るようでした。

 

ハイソックスも、軽い怪我の防止にも一役かっていた事もありました。

 

足首にも圧迫感があって、脚全体が締め付けられているようで、

履きたくないという生徒もいるにはいましたが、

見た目的には、半ズボンとの組み合わせは、

脚が長く、スラリと見えて、良かったと思っています。

 

今のユニフォームに比べて、バスケット部員だけでなく、

日頃の体操着自体が、体のラインを出ないようにとの配慮や、

下着が見えてはいけないとの理由もあって、

短パンスタイルも影を潜めたようですが、

バスケットのように激しい運動をする選手からみれば、

短パンの方が動きもスムーズだと思うのです。

 

私的には、80から90年代、

その中でも特に、90年代のユニフォームが一番、

上下のユニフォームとハイソックスとのバランスが取れて、

綺麗な物だったように思います。