私は高校時代、バスケ部に所属していました。

 

基本的に練習の時は、

学校指定の体操服での練習を義務付けられていましたので、

ユニフォームを着ての練習は、男子も女子も行っていませんでした。

 

しかし、試合が近付くと、話は別です。

 

体操服からユニフォームへ着替えての練習が解禁になる為、

みんなユニフォームで練習を行っていました。

 

ユニフォームのズボンは、膝上10センチくらいの半ズボンで、

脚にピッタリとした物ではなく、

裾に向かって広がる形の動きやすい半ズボンでした。

 

横には動きやすいようにスリットが入っていて、

現在のバスケットで使用されているズボンよりも

多少短い程度の形状です。

 

私達より後の世代になると、膝上5センチくらいの、

現在のバスケで使用されているようなズボンに

変更になったようです。

 

私の世代の半ズボンは、横のスリットの切込みが大きかった為、

そのまま半ズボンを履いて体育座りをすると、

確実に下着が見えてしまう長さと形状でした。

 

しかし、私の高校では、バスケ部はユニフォームを着る場合には、

必ず半ズボンの下にサポーターを履かなければ、

ユニフォームを着てはいけない決まりがありました。

 

とはいえ、サポーターを履いていても、

座ると、やはりサポーターは見えてしまいます。

 

しかし、下着と違って、サポーターだと

見えても恥ずかしくないので、

思い切って練習や試合をする事が出来ました。