1980~1990年代のバスケットのユニフォームは、

半ズボンの丈が短く、

太もも辺りぐらいまでしかありませんでした。

 

そして、インナーでスパッツを履いている人は、

そのスパッツは太ももまでの長さなので、

ユニフォームの半ズボンから、はみ出していました。

 

そのスタイルというのは、

SLAM DANK(スラムダンク)というバスケットマンガの4巻~5巻で、

湘北高校が陵南高校高校へ練習試合に言った時に、

スーパールーキーの流川楓(るかわ かえで)が、

そのスタイルで出ていました。

 

それから9巻~は、県大会になり、

湘北高校も含めて全高校のユニフォーム姿が、

その流川楓風スタイルになりました。

 

これも、作者の井上雄彦氏が、1980年代から1990年代のNBA

(ナショナル・バスケットボール・アソシエーション)で使われていた

ユニフォームのデザインを取り入れたものだと思います。

 

その1980~1990年代というのは、NBAのスーパースターの

マイケル・ジェフリー・ジョーダンや

アーヴィン・“マジック”・ジョンソンが活躍していた時代で、

日本でも彼らのレプリカユニフォームが売れていました。

 

その為、バスケットが流行り始めて

ファッションとして着ている方も多かったです。