3年ほど前までバスケットボールをやっていました。

 

私自身、昔の丈が短いユニフォームの経験もあり、

今どきの丈が長めのユニフォームの経験もあります。

 

昔のユニフォームの優れている点ですが、

やはり丈が短いので足が動かしやすい。

 

丈が長めだと、膝がユニフォームに

引っ掛かってしまう事もあり、

動きにくかった記憶があります。

 

悪い点ですが、見た目が悪い事に尽きると思います。

 

丈が短いと、昔でダサいというイメージが、

どうしても出てきてしまいます。

 

あとは、肌が出る面積が多いので、

走ったり飛んだりする上で大切な足の筋肉が、

フリースローやタイムアウトなどの

少し動かない時間にすぐに冷えてしまいます。

 

その為、私自身、あまり好きではありませんでした。

 

今のユニフォームの素材は足が引っかかったり、

動きの邪魔にならないように作られているので、

多少動きにくそうな見た目でも、

以前の物より動きやすいように思えます。

 

最近は、NBAを見る機会もあるのですが、

NBAでは、昔の短い大きめの物から少しダボッとした物になり、

最近はインナーのようにピタッとした物に変わっているようです。

 

日本でも、その内そのようになるのかとは思いますが、

日本人の体形には少し合わないかなとは感じました。