まさに、こういったスタイルのユニフォームでした!

 

白と紺の物で、対戦相手により、紺のベースに白の筆記体で

母校の名前がアルファベットで記入された物か、

色が逆転した物でした。

 

バッシュが布製の物でも全体像が可愛く、

とても気に入っていました。

 

ほぼ先輩方からのお下がりだったものの、

レギュラーメンバーナンバーの物は、

途中で買い替えがよくあって、比較的キレイだったので、

4番や7番などヘの憧れが高まったものです。

 

白ベースのユニフォームだと、汗をかいた時に目立ってしまうので、

後輩達はハーフタイムや休憩中にジャージの上着で先輩方を扇いだり、

冷たい飲み物やタオルをこまめに差し入れるようにするという

暗黙の了解があったのも今では笑える話です。

 

逆に、紺のベースのユニフォームでは、

白い襟だった為に首周りが汗で黄ばんでしまうので、

漂白剤を使う家庭があり、痛むのが早く、

どちらかと言うと紺の方が多く新調されていたと思います。

 

NBA選手達が必ず使うので、

憧れて下履きのスパッツも買いましたが、似合わないんです。

 

元々、スパッツが必要なのは男性だというのも

当時は知りませんでしたけれど・・・。

 

他校では色鮮やかなユニフォームや、

現在主流のダボッとした物を使い始めていたりしましたが、

先輩大好きな風潮のある部活だったので、

初めて着た時に、とても嬉しかった事を覚えています。