私は、小学校4〜6年の頃にバスケット部に所属していました。

 

当時のユニフォームは、黒、白、赤と

3パターンあったかと思います。

 

この中でダントツ人気だったのは黒です。

 

というのも、唯一の襟無しという事と、

黒だと強く見えるからという単純な理由です。

 

また、入部してすぐは

先輩がユニフォームを着て試合をしている姿を見て、

私も早く着てプレイがしたい!という思いを寄せていました。

 

着心地としては、試合の際には対戦相手によって

ユニフォームの色が被らないよう着替えるのですが、

上半身がピタッとしていた為、汗をかいていると

着替えにくかった思い出があります。

 

それに、丈の短いズボンに

お揃いで揃えたハイソックスにサポーターを付けると、

なぜだか脚が長く細く見え、お気に入りでした。

 

そして、ちょうどユニフォームの切り替えの時期にもあたり、

部員と顧問でデザインを考えた記憶があります。

 

ワンポイント程度のデザインだったと思うんですが、

ワクワクしながら部員みんなで話し合ったのも、いい思い出です。

 

女子バスケはピタッとしたデザインで可愛いかったのですが、

男子はダボダボと大きめの作りで、

なんだかNBA選手達みたいでカッコいいな〜と、

男子チームのユニフォームデザインへの憧れもありました。