私は1990年代の頃、バスケットをやっており、

ユニフォームを着た事があります。

 

バスケットのユニフォームは、今の形式も好きですが、

昔のユニフォームも可愛くていいと思っています。

 

私が着たのは水色のユニフォームです。

 

上下水色、上が水色のユニフォームで番号が書かれており、

下が短いズボンになっていました。

 

他は特に指定は無いし、きちんとしていれば、着方などは自由でした。

 

1990年代のユニフォームは、今のユニフォームとよく似ています。

 

襟が開いていて、袖が通しやすくなっており、服の形も似ています。

 

ただ、デザインの仕方が少し違うと思いました。

 

今のは派手にデザインされていたり、

目立つバスケットのユニフォームが多いですが、

昔の物はあまり目立ちませんでした。

 

かわいいデザインのところは好きですが、少し地味な感じもしました。

 

それでも、昔のバスケットのユニフォームは好きでした。

 

私がユニフォームを着るのは、

バスケットをやっていた時が初めてでした。

 

私は、バスケット部に入っていましたが、

選手がいない時にだけ出場する補欠だったので、

ユニフォームで活躍する事はありませんでした。

 

しかし、思い出は、ユニフォームを着て

バスケットをしている人と写真を撮った事でした。

 

それが、今でも印象深く感じています。