私が小学生の時、ミニバスケの練習をしていた体育館の隣りには

滑り台や猿梯子の付いたアスレチック遊具がありました。

 

バスケの練習が始まるまで、よくそこで遊んだりしていたのですが、

こんなエピソードがありました。

 

バスケ仲間の1人がアスレチック遊具の一番上まで登った後、

隣りのアスレチック遊具に飛び移ろうとしたのです。

 

私

危ないよー!

バスケ少女Fバスケ少女F

大丈夫だって。

高さもあり、少し離れていたので、いつもなら一度、

下まで降りてから隣りの遊具に移動し、登り直すのですが、

降りるのが面倒臭かったのでしょう。

 

あまり助走をするスペースはありませんでしたが、

出来るだけ勢いを付けてジャンプしたのです。

 

バスケ少女Fバスケ少女F

ええーいっ!

バスケ少女033

イラスト by 浅葱



なんとか向こう側へ飛び移る事が出来ましたが、

一歩間違えれば下に転落という状況で危なかったです。

 

しかし……。

 

私

あっ!

パンツが見えた!

股が裂けそうなくらい両脚を開いた為、ショートパンツの隙間からパンツが見えたのです。

 

普段あまりパンチラしないバスケ仲間でしたが、

下から覗かれると、やはりパンツは見えてしまうのでした。

 

このアスレチック遊具は、よくバスケ仲間と遊んだ場所で、とても思い出があります。