ある日のミニバスケの練習日の事。

 

体育館に行ってみると、なにやら

更衣室の前に人だかりが出来ていました。

 

どうしたのかと思い、事情を聞いてみると、

どうやら更衣室のドアが開かず、中に入れないようでした。

 

みんなでドアノブをガチャガチャしたり、

ドアを押したりするのですが、一向に開きません。

 

明美ちゃん:「めぐみちゃん、なんとかしてよ」

 

私は脚力があったので、ドアに飛び蹴りを喰らわしました。

 

バスケ少女034

イラスト by 浅葱



すると、一発で開きました(笑)。

 

加奈ちゃん:「やるじゃない」

 

沙耶香ちゃん:「さ~すが」

 

みんなから褒められ、救世主気分になり、照れる私でした。

 

少々乱暴ですが、この頃の私は本当にヤンチャでしたね~(笑)。

 

蹴りと言えば、こんなエピソードもありました。