1990年代に高校でバスケをしていました。

 

ルールも変わっていますが、ユニフォームも今とは全く違います。

 

体にフィットしたノースリーブと、短い半ズボン。

 

私の高校では、公式戦で着るのは、代々、白と紺の2色がありました。

 

白は、ブラが透けたりするのが嫌だったなー、という思い出があります。

 

あと、練習試合用に個人で購入するのが赤色のユニフォームでした。

 

赤色のユニフォームは、自分の好きな番号を付ける事ができ、

自分の名前をもじってみたり、

ゾロ目を使って可愛くして見せたり、個人で様々でした。

 

今では、もちろん恥ずかしくて着られませんが、

とても動きやすく、あの激しいハードプレイをするには

ピッタリだったと思います。

 

ただ、半ズボンがあまりに短いので、

下にパワータイツを履いていました。

 

よく考えれば少しダサいのですが、

パンツが見えるのを気にしなくていいので、

その頃は絶対履いていました。

 

今のような長めのダボっとしたユニフォームを着た事が無いので、

比べる事は難しい事ですが、動きやすさは

昔のタイプの方がいいのではないかなと思います。

 

ただ、コケたりして膝を打つ事も多かったので、

今のような長めの半ズボンの方が、

ダメージが少しでも和らぐのかなとも思います。

 

いつがユニフォームの過渡期だったのかなと思いますが、

脚がスラリと出てキビキビとプレイしている姿は、

やはりいいなと思います。